Paul Winter
ポール ウィンター
Jazz Meets The Bossa Nova

4,104  (税込)
(税抜 3,800 )
106023
在庫あり
ほしい物リストに追加

 The Spell Of The Samba

ジャズ・サックス奏者Paul Winterがボサノヴァに影響を受けてブラジルで録音した62年作。「Journey To Recife」「The Spell Of The Samba」「Don't Play Games With Me」等ソフトで心地よいサウンドが詰まったジャズ・ボサ傑作。
注:試聴は以前使用したものの流用です。今回出品したものから録音したものではございません。あらかじめご了承ください。


(US)Columbia CL 1925 / リリース年:1962/Mono USオリジナル


ほぼ美品、ジャズ・サックス奏者Paul Winterがボサノヴァに影響を受けてブラジルで録音した62年作。「Journey To Recife」「The Spell Of The Samba」「Don't Play Games With Me」等ソフトで心地よいサウンドが詰まったボサジャズ傑作アルバム。


Condition(カバー) : EX
カバーは表裏、ちょこちょこっとスレ、ボーダー付近に少し傷み、裏面に経年変化による軽い変色、少し糊跡、ボーダーにちょこちょこっとスレありますがなかなか綺麗なコンディションです。
注:「/」を使用している場合は表/裏、または表裏/ボーダーを表します。写真を参考にしてください。


Conditon(盤) : M-[B2:M-(EX)]
B2に僅かに軽い傷ありますが当店のシステムではこれといったノイズは確認できませんでした。他はスピンドルマークが僅かしかないほとんど聴かれた感じのない綺麗なコンディションです 。
注:「/」を使用している場合は盤面の片面ずつを表します。表記コンディションは見た目を主に記載しています。当店での聴感は説明に記載いたします。


インナースリーブは透明スリーブ(発売当時から付属していたと思われるもので若干シワ、通常と違い逆側が開けられています。


新しい商品データ

フォーマット:
  • LP

注目商品